高く車を売りたいなら思い立ったが吉日

2013年10月18日

思い立ったら吉日という言葉があります。
その言葉がぴったりとくるのが、自動車の買取です。
実は時期を逃してしまうと、買取価格が大幅にダウンしてしまう事があります。
ですので、気をつけて対応しなければいけないわけです。
では、その買取価格のダウンという事ですが、特にチェックしてもらいたいのが1週間というものです。
1週間の買取時期のずれで、自動車の価格は変動します。
1週間でどれくらい変動するのかと言えば、数千円程度になることもあります。
仮に1ケ月間も売る時期を遅らせてしまえば、数万円の変動が起こってしまう事もあるわけです。
以上の事から売りたいと思ったら、その時期が売り時という事が良く理解できたと思います。
売るか売らないかを悩み続けてしまっても、あまりいい結果を招くことはありません。
売りたいと思ったら、その時に決断をしてしまいましょう。
そうすることで、自動車を少しでも高く手放すことができます。
これは新車の購入資金の確保にも役立つ考え方でしょう。

 

 

 

 

車ごとの専門業者に買取を依頼

2013年9月21日

車を売却する時、車種によって買い取ってもらえるのか不安を感じることもあります。
例えばトラックを所有していた場合、一般の買取業者では対応できないこともありますし、特殊車両のため、一般車に比べて安い値段でしか買い取ってもらえない場合もあるのです。
また、外国車の場合についても、対応していない買取業者もありますので、買取を依頼しても断られてしまいます。
このように、一般的に人気の高いもの以外の車を売るときには、その車専門で買い取っているお店を利用するのがお勧めです。
トラックならトラック、外車なら外車というように、専門的に買取している業者であれば、値段を安く買いたたかれる心配もありませんし、車の価値に合った値段をつけてもらうことができます。
車の査定を依頼したものの、その値段に納得できないという方も多いですが、見方を変えてみることで納得できる値段で買い取ってもらうこともできますよ。
満足できる値段を期待する時には、この点に気を付けてみるとよいでしょう。

 

 

自分の車の適切な査定時期を見つけるべき

2013年9月5日

車の買取を希望する場合、気を付けないといけないことがあります。それは買取の査定を行ってもらう時期です。車というのは日々若干ですが、査定額というものが変動しつつあり、車の車種などによって査定を行う良いタイミングというものがあるのです。例えば、春、夏の季節にはコンパクトカーなどがよく売れるという傾向があり、こういった車の評価は高くなるのです。自分の車種は何で、それはどういう時期に需要が高くなるのか?ということをあらかじめ調べておいて、その時期に買取の査定をお願いすると、結構高い金額の査定結果が出る可能性が高いのです。これは自動車会社や買取を行っている会社に聞いてみると結構教えてくれるケースもあるので、そういった方法で調べるのも良いでしょう。車の価値は年度が変わるとどんどん下がっていく傾向にあります。したがって、早めに自分の車種が1番需要の高い時期を見つけて、その時期に買取の査定をお願いしてみてください。

車買取の査定の方法は3通り

2013年8月30日

大手の車買取業者であれば、大体、査定の方法は3通りに分かれます。

1つ目の方法は来店査定です。

これは車を自分で運転して、買取店に持ち込んで、お店で査定してもらうというものです。

大体、30分ぐらいあれば、査定は終わります。

2つ目の方法は出張査定です。

これは、お店の人に事前に連絡をしておいて、自宅まで査定のために来てもらう方法です。

買取店が遠いとか、車を持ち込めない理由がある場合は便利です。

ただ、店の人に来てもらっている以上、査定額に不満があっても、少し断りづらくなるなどのデメリットもあります。

3つ目の方法はネット査定です。

これは、インターネットのサイト上で、簡単に必要事項を記入して、その場ですぐに概算の査定価格が分かるというものです。

売るかどうかまだ決めかねているときに利用するのにうってつけです。

ただ、あくまで概算に過ぎないので、実際に売るのであれば、出張査定か来店査定のどちらかを利用して、正確な査定をしてもらう必要があります。

車の買い替えならまず中古車査定。

2013年8月27日

以前母が乗っていた車の話です。

中古車を買い替えすることになり、現状で乗っている車を

新規で買うお店で下取りにするだけでいいのか迷いましたので、

最近ネットでよく見かける中古車査定サイトを調べてみました。

すると、ここに申し込むと一括で何社か車の見積もりに来てくれる

とのことでしたので、サイトから査定を申し込んでみました。

ビックリしたのはそのレスポンスの早さです。

すぐに数社からメールで実車を確認したいと連絡が入りました

ので、順番に数社に現場に来ていただきました。

査定なさる担当者の方は、ゆっくりと車を見て回り、内部や

機器の細かい具合などもしっかりとチェックされます。

結構細部まで見るんだなぁと感心しながら、この作業を何社か

していただいて、最終的にこの時は4社見積もりを頂きました。

意外だったのは見積もりにわりと差があったことです。

下取りで出す場合の金額もあらかじめ出していたので、比較して

一番高い所に売ることができ、とても助かりました。

 

中古車を高く売るための時期

2013年8月17日

中古車の買取は、時期によって値段が変わってきます。高く売ることの出来る時期やその逆の時期など、知っておかなくては損をする可能性も大いにあるのです。そこで、中古車を高く売却できる次期について、知ってみてはいかがでしょうか。

一番値段が上がるのは、やはり2月3月、あと4月でしょう。これらの月は、新社会人や学生の方が免許を取得し、新しい生活に向けて準備をする時期です。そして、免許を採りたての時期というのは中古車を購入するのが基本となります。結果中古車が必要になり、相場も自然と上がっていくということなのです。

また、車種によっても相場が変動します。夏場に活躍できる自動車など、その時期にあった車種を見極めることによって、より高く売却することができるのです。

自動車の売却は、ちょっとした違いが大きな差を生み出してしまいます。なるべく高く買い取ってもらうためにも、売却のタイミングを見定めることを心がけておきましょう。

車を買取に出す際にやっておくべきこと

2013年7月26日

実際に私は車を買い取ってもらったことがありません。なので体験記などというものを書くことはできませんが、私ならば、実際に車を買取に出す場合に最低限やっておくべきだろうということをお伝えしていきます。

まずは、ささいなことですが、内装や外装を綺麗にすることです。見た目の印象って実はかなり重要だと思うんですよね。実際は車買取業者もプロですから、エンジンの状態や大きな傷、へこみがないかなどが主な判断基準になるのですが、それでも印象がいいに越したことはないはずです。

あとは、点検整備簿などの書類をしっかりとまとめておくことです。点検整備簿がないとなると、買取額が極端に下がるらしいです。なぜなら点検整備簿は本当にその車が何キロ走っているかなどの証明する書類になるからです。点検整備簿がない車は実際にどういった経緯で居間に至るのかがはっきりとはわからないため、値段が安くなるようです。ですので、そういった重要な書類はきちんとまとめておくことが重要だと思います。

三社に査定をお願いした

2013年7月18日

私は以前車査定をしました。

一社だけに査定してもらうよりも、なるべくたくさん査定してもらう方がいいと聞いていたので、三社に査定してもらうことにしました。

距離は8万キロ、状態はいいけど少し傷や凹みがあり、年式は10年以上も前のものだったので、ほぼ値段はつかないと思いながら査定をしてもらいました。

一社目はどれだけ高値をつけても五万にしかならないと言っていました。

予想していた通りでした。

二社目は古いのでほぼ価値がないので、無料で廃車にすることならできると言われました。

なので三社目に査定をしてもらってから一社目か三社目に決めようと思いました。

三社目では車を見て、是非買い取りたいと言ってもらえました。

店の対応もとてもよかったし、いい値段がついたらすぐここに売ろうと思っていました。

そして、査定額は10万円でした。

欲を言えば、もっともっと高値をつけてほしかったけど、なんせ古いので仕方ないなと思い、三社目の会社で車を売ることに決めました。

たくさんの会社で査定をしてもらってよかったなと思いました。

 

 

 

輸入車買取の査定の現状

2013年7月12日

輸入車を自分の愛車にされているという方も少なくはないでしょう。以前よりも外国の車を乗っている方は増えてきています。ただし、輸入車は故障しやすいといったイメージがつきまとっているせいか、買取の際の査定ではあまり良い査定金額が期待できない場合があります。しかし、実際はそこまで故障しやすいものでもないですし、本当は個別の車によりけりで輸入車だから一概に故障しやすいということは言えません。また、維持費が日本の車に比べてかかりやすいというのはマイナス査定の要素にはなりえるかもしれません。それでも買取店は輸入車でも買取をしてうれます。輸入車にはそれだけ固定のファンが一定数いますから、レアな輸入車などを所持している場合は結構高く売れるケースもあるのです。ただ、そういうのは日本でも人気のメーカー、ブランドの車に限られてきます。日本でも誰もが聞いたことのある車種です。輸入車は全体的には多少査定が辛くなるかもしれません。ただ、人気の車種をお持ちの方は日本の車以上の買取価格がつくケースもあるのです。

 

「なんとなく」車を下取りに出してしまっていた

私はこれまで車を買い替えるとき、必ず正規ディーラーにそれまで乗っていた車を下取りに出していました。
なぜ業者の買取ではなく、ディーラーの下取りを選んでいたかについては、実はしっかりとした理由がありません。
まさに「なんとなく」だったのです。
ディーラーよりも買取業者の方が高く買い取ってくれることが多いという話も聞いたことがあります。
にもかかわらず、いざ買い替えのときになると、業者について色々調べたりすることが面倒になり、結局はディーラーの言い値で下取りに出してしまっていました。
下取りにしても買取にしても、車の場合は決して金額も小さなものではありません。
当たり前のことですが、査定金額は高ければ高いほど良いのです。
せめていくつかの買取業者に査定をしてもらい、結果を比較検討することぐらいは当然やるべきなのです。
自分が損をしないためにも、これからは決して「なんとなく」では済ませたりせず、最低限やるべきことはやるようにしなければと思っています。

← Previous Page