返済が遅れそうなときの対応策

2014年7月15日

キャッシングやカードローンを計画的に利用していれば返済が遅れることはないのですが、世の中には不測の事態というものも往々にして起こり得ます。急病や事故での休職、失職、会社からのリストラや倒産などで収入の道が絶たれてしまうということはありえないことではありません。
もし、返済が遅れそうになったときにまずすべきことは、利用しているキャッシングやカードローンの会社に連絡をすることです。サポートセンターに電話をして事情を説明し、返済が遅れることを伝えなければいけません。会社によっては1週間程度支払いを猶予してくれるところもあります。
長期的に支払いが遅れそうになる場合は、さらに詳細な相談が必要です。再契約による返済額の見直しも可能ですので、生活状況を見てスタッフと返済について相談することになります。
ここできちんと連絡を入れ、せめて金利だけでも支払っておけば、キャッシングの会社も強硬手段に出てくることはありません。裁判所から通知が来たなどというケースは大抵向こうからの連絡を無視し続けた結果起きています。返済が遅れそうなときは、とにかくまず連絡を入れましょう。

日常生活の中で活きるキャッシング

2014年7月11日

現在、日常生活の中でキャッシングを活かしているところです。実は以前まで、使用可能なお金が無くなってしまった際は、給料日を迎えるまでひたすら我慢の日々を送っていました。

そうなると様々な面で節約をすることになるのですが、厳しかったのは食費の部分です。とにかく安く抑えたかったので、食事の回数や量を減らしましたが、お腹が空いてると力が出ません。

またイライラも募ってくるため、やはり食べなければ駄目だと思いまして、キャッシングを行ってみました。キャッシングを選んだ理由の1つ目は、スピード融資という点です。

キャッシングはスピードの面で大変魅力的であり、数時間でお金が口座に振り込まれることも可能です。業者によって審査の基準が異なるのため、全ての業者がそうだとは言えませんが、基本的にはスピード融資です。

そのお蔭でキャッシングの申し込みをした当日に現金を手にできたので、とにかく非常に助かりました。今後もキャッシングは利用していきたいです。

また、細かいお金についての知識は以下URLを参考に

http://okane-kyosyujo.com/