返済が遅れそうなときの対応策

2014年7月15日

キャッシングやカードローンを計画的に利用していれば返済が遅れることはないのですが、世の中には不測の事態というものも往々にして起こり得ます。急病や事故での休職、失職、会社からのリストラや倒産などで収入の道が絶たれてしまうということはありえないことではありません。
もし、返済が遅れそうになったときにまずすべきことは、利用しているキャッシングやカードローンの会社に連絡をすることです。サポートセンターに電話をして事情を説明し、返済が遅れることを伝えなければいけません。会社によっては1週間程度支払いを猶予してくれるところもあります。
長期的に支払いが遅れそうになる場合は、さらに詳細な相談が必要です。再契約による返済額の見直しも可能ですので、生活状況を見てスタッフと返済について相談することになります。
ここできちんと連絡を入れ、せめて金利だけでも支払っておけば、キャッシングの会社も強硬手段に出てくることはありません。裁判所から通知が来たなどというケースは大抵向こうからの連絡を無視し続けた結果起きています。返済が遅れそうなときは、とにかくまず連絡を入れましょう。

#未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>